海外でもどうしても被曝を避けられない時を避難歴3年が語る

スポンサーリンク

8685100188_89931be9bc
海外に出ていても、たまに被曝を避けるのが難しい時がやはりあります。
それは、人付き合いの時。。
 
先日、日本語教師をしている勤務先で昼間少し仕事をしていたら、
ニュージーランド人の校長が
「もうすぐ事務の子がお昼買ってきてくれるから休憩にしよう!」と
言ってくれて、喜んだ次の瞬間に「寿司だよ」との言葉が…。
 
その事務の子は香港人なんですが、両親が勤務先のすぐ近くに
寿司ショップを経営しているからだということで。

被曝防御的にまずい…と思い、
「すみません、寿司は嫌いなんです…酢っぽいのがだめで」と
すかさず言って難を逃れました。

 

寿司大好きでしたけど。

たぶん太平洋産の魚が入っているだろうし、
海苔はおそらく北半球生産で、もう危ないので。

お昼を買ってきてくれるといっても
一人一人に買ってきてくれたわけじゃなく、
二パックのお寿司を五人でつまむスタイルだったので助かりました。

一人一パックなら、内心泣きながらでもたぶん食べましたね。

それか、「人と待ち合わせしてて急いで帰らないとダメなので」とか
言って食べずに帰ります。

それでももし持って帰る羽目になったら、
学校から少し離れた場所で申し訳ないけどごみ箱に捨てて帰宅です。

あとは、シェアメイトとか友達とか
誰かがご飯作ってくれた時も地雷率が高いですね。

東南アジアのルーツ持った子からの魚醤を使った料理とか、
ロシア人と韓国人からの太平洋産の魚を使った魚料理とか、
キウイからのアメリカ産のオレンジを使ったカクテルとか、
日本のマヨネーズを使ったサラダとか、
タイ産のツナを使ったサラダとか。

魚関係は「あー、白血病になる可能性今上げてるわー」と
思いながら食べるので食欲も失せるし大変です。

「私は放射能を気にしてるから、
この食材/料理は食べられないって」言えればいいんですが…。

何作ってくれるのか当日完成するまでわからないので、
完成してから言うと私一人が何も食べないことになって気まずいし、
なかなか難しいです。

被曝回避の方策
スポンサーリンク
菊川 美代子をフォローする
博士課程を棒に振って海外避難
タイトルとURLをコピーしました