永住権申請まで、まさかの待機期間9ヶ月

永住権申請はあと9ヶ月待たなければいけないことになりました。

EOIの申請書に全て記入して弁護士に提出して二週間が経過し、
直近のEOIのセレクションの日を過ぎても弁護士から連絡がなかったので、
弁護士に問い合わせてみると「まだ出していない」というまさかの返事。

どうしてか理由を聞くと、申請書に二箇所記入漏れがあったのと、
彼の技能職としての職務経歴の長さが9ヶ月足りないと。

何で二週間の間に何も知らせてくれなかったんだ?という疑問と、
じゃあ、コンサルの時に「今すぐ永住権を申請できる状態で、まず通るだろう」と
なぜ私達にそもそも言ったのか?
という不信感が出てきました。

今すぐ申請できる状態だ、というので契約書にサインをして
高額な手付金を払い込んだのに…。

弁護士の説明では、私の彼が持っている学位は
今している技能職とは関連性がないから職歴が足りない、とのことでした。

昨年のポリシー変更で関連性がない学位のポイントが申請可能になった一方で
その職業について最初の三年は
「技能職としての技能を身につけるための修行期間」と位置づけられ
ポイントが申請できなくなった
そうです。

今のところ、彼の職歴は4年3ヶ月。

そこから3年が引かれてしまうので、
技能職として必要な2年の経歴に9ヶ月足りないそうです。

あと9ヶ月のうちにポリシーが代わらないことを祈りつつ、
今はただ待つばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする