海外移住に英語力はどれほど必要か?

27715801641_c8df3e8682

英語圏に移住したい!と思っても、
「英語ができないし・・・」と言葉の壁でためらってしまう人は
多いのではないでしょうか?

実際に移住をして得た四年半弱の経験から
どれくらいの英語力が必要かと考えてみると、
「できればできるほど良い」という身も蓋もない答えになります。

日本国内で日本語ができない人間に何ができるか、と考えてみると
色んなことに制限がかかるのが想像できるかと思います。

たとえば、日本にどこか外国からの留学生が来て、
日本語は文字は読めるけど話せるのは挨拶くらい、
聞き取りはほとんど無理・・・という場合、
その人は日本国内で一体どんな職に就けるのか?と。

親が裕福で働かなくても良いくらい送金してもらえたり、
貯金がたくさんある、という人もいるでしょうが、
永住ベースの移住を目指すならば送金も貯金も
自分が死ぬまで続く訳ではない人が大半かと思います。

あるいは、株の配当や不動産からの収入がある、など
日本国内からの継続的な所得が見込めるならば話は別ですが、
どこかの段階で移住先の国で働いてお金を稼がないといけなくなる、
という人は英語ができるに越したことはありません。

お金があれば必要な時に通訳や翻訳を雇えばよいですが、
それでも万が一犯罪に遭ったり体調が急激に悪くなったりと
咄嗟の助けを求める必要がある時に、
やはり現地の言葉を話せないと危機管理として不安という面もあります。

私は日本にいる時にIELTSのアカデミックで6点あったので
ここで紹介するのはそのレベルでの勉強方法となりますが、
私はGyaoというサイトでSex and the cityという海外のドラマを
日本語字幕付きで一日一本見ていました。

あとはデスノートという漫画が好きで、
日本語で漫画を読みアニメも見ていて内容を知っていたので、
アニメの英語吹き替え版をYoutubeで見ていました。

最初は三割くらいしかわかりませんでしたが内容を知っているし、
好きなので理解したくて辞書を引きながら何度も見ているうちに
わかるようになってきました。

もちろん、ドラマや映画を見ている時にも、
分からない表現があったら辞書を引いて調べる必要があります。

最初はBBCなどのニュースをポッドキャストで聞いて
リスニングの勉強をしようと思ったのですが興味が続かず(笑)

とにかく英語の勉強なしに好きだと思える作品を見つけるのがコツです。
好きじゃないと毎日続けるのが私の場合は難しかったので…。

とはいえ、映画やドラマでも英語の勉強にはなりますが、
やはり机に向かって勉強する時間もなければ英語力は伸びないので、
おそらく時間が一番ある渡航前に
できるだけ英語を勉強しておくのが良いと思います。

渡航したら、住居探しや学校探しなど、
こちらの生活に慣れるまでバタバタするので
机に向かえる時間がしばらくの間なくなってしまいますから。

こう書くと矛盾するかもしれませんが、
英語ができなくても移住をして、人の温かさに触れて感動して
幸せを感じることが可能である
ことも強調しておきます。

例えば、シェア住居探しの時など、英語ができない人の方が
いいシェアに当たったりします。

英語ができない状態でシェア探しをやっていくと
英語ができない人の言うことに一生懸命耳を傾けてくれる人しか残らないので、
必然的にいい人だけが残るという。

英語が不得意な人が問い合わせの電話を掛けてきたら
ガチャ切りするような人は(数は少ないですがそういう人もいます)
英語が不得意な人の引越し候補先にならないのですが
一方で英語ができる人が問い合わせをすると普通に対応されてしまうので、
「いい人なのかな~」と思って引っ越したら
引っ越した後に「嫌な人だった・・・」と分かるケースなんかが実際あります(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする