「一回目」のEOIを提出するまでの道のり

最近は、ニュージーランドの永住権申請に向けて色々と動いています。

まず、これまでの経緯が少しややこしいので簡単にまとめてみます。

去年6月の時点でパートナーと私は
自宅からそう遠くない場所に事務所がある移民弁護士と面談をして、
私達の永住権申請のケースを委任しました。

この移民弁護士は、パートナーと同じ現場で働いていた同僚が
「自分はこの人に頼んで、とても良かった」と紹介してくれました。

私達は英語に問題がないので自分達で申請をしてもいいのかもしれませんが、
パートナーはこれまでビザ関連で悪さをしていた会社に連続で当たってしまっているので
高額ですが念のため移民弁護士に依頼することにしました。

面談で「永住権の申請要件を満たしていて、今すぐ申請できます」と
移民弁護士に言われたので、すぐ申請をしようと着手金を払ったものの、
その時点では職歴が足りず今年の3月までEOI申請は延期
になっていました。

それで今年の3月にようやく永住権申請のための要件が揃い、
今度は彼が色々と手間取ったものの
3月中旬にEOI(Expression of Interest)の申請をしました。

EOIの選考は2週間に1度行われます。

私達のEOIは出してから3週間後に通り、本申請への招待が4月上旬に届きました。