おいしいエスニックレストランを見つけるには?

PAK21_bistroQtennai500
世界各国からの移民が本場の味を提供する
本格レストランがオーストラリアにはたくさんあります。

オーストラリアは日本と違って新しい国、
つまり移民の国ですから、多くの移民が暮らしています。

そして、彼らの多くがレストランを開いているので、
本格民族料理を楽しむことができます。
レバノン料理、ギリシャ料理、フィリピン料理、マレーシア料理…
日本では馴染みがないような国の料理が堪能できます。

日本でなじみ深いのは、中華料理、韓国料理、
イタリア料理、フランス料理、あたりでしょうか。
と言っても、すべての民族レストランが
本場の味とは限らないのも事実です。

なぜかというと、オーストラリア人向けに
アレンジされているレストランやメニューも非常に多いのです。

例えば、日本食レストランに行くと、
「インサイドアウトロール」という名前で、
カリフォルニアロールが大々的にメニューに載っています。

カリフォルニアロールというのは、
巻き寿司なのに海苔が外にないアレです(笑)

日本人からすると、邪道!…と感じますが、
オーストラリアでは大人気です。

アボカドが入った巻き寿司も大人気です。

それらが、寿司専門のお店だけではなく、
レストランで照り焼きチキンなどと並んで
メニューに載っているのです。

ですから、オーストラリアに暮らす各国の人達は
それが伝統的な日本料理だと思っていることが多々あります。

日本にはアボカドが入っている寿司はない、
と言うと仰天されたりも(笑)

というわけで、各国のレストランも似たような感じで、
アレンジされていることが多いのです。
それでもやはり
「本場の懐かしい味を食べたい!」という需要はあるわけで、
本場仕様の味を提供しているレストランもあります。

見分けるコツは二つあります。
価格と客層です。
そのようなレストランの多くは、
何とアレンジされているレストランに比べて
価格が安いのです。

オーストラリアは景気がよくお金持ちなので、
オーストラリア人向けにアレンジしているレストランは
何というか、まあ「ふっかける」んですね。
あとは、お店にいるお客さんが
その国出身者っぽい人が多いかどうかです。

あなたが外国に住んでいたら、
現地人向けにアレンジされた和食を食べたくて
日本食レストランにわざわざ行きますか?

たぶん、ほとんどの方が行かずに
家で作りますよね?

自分では作れないような手の込んだ、
でも懐かしい料理を食べたい時に出向くんじゃないでしょうか。

オーストラリアに来る人は、
どうぞ本場の各国料理を楽しんでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする