オーストラリアで病気になると

OOK85_maskman20150314132154500


日本と違って、オーストラリアではこちらの判断で
眼科、皮膚科などの専門医にかかることができません。

歯科だけは別ですが…。


まずGPと呼ばれる一般医の診療を受け、
必要であれば専門医への紹介を受けます。

一般医は、全ての分野を浅く広く知っているお医者さんです。

診察料は、オーストラリアの国民保健に入っていなければ
15分のカウンセリングで大体6000円ほど。

国民保健は、外国人の場合は永住権を持っていなければ
加入できません。

もし薬が処方されるのであれば、薬代が別途かかります。

薬は日本と違って院内で処方されないので、
処方箋を持って薬局に行って薬を購入する必要があります。

薬局は病院の隣にありますので、
薬局へ行くのに体力を使うということはありません。


シドニー在住だと、日本人医師がいるなど
日本語で診察を受けられる病院が街中心部にあります。

他の都市だとどうかはわかりませんが…。

日本の海外保険に加入していると、
おそらく通訳サービスが付帯しているのではないでしょうか。

体調が悪い時に外国語を話すのは基本的に疲れますから、
やはり日本語で診察を受けられると安心です。


私が病院にかかったのは、
目の腫れた時や肌に湿疹ができた時のみで
説明がいらないような部位でしたので
近所の病院に行き英語で診察を受けました(笑)

患部を見せれば症状をすぐに分かってもらえますので。

胃や腸が痛いなど、
内臓系の疾患と思しき症状があれば
日本語で診察を受けた方が安心かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする