アイルランド人はすぐに・・・

3364883963_7e7b85d960

パートナーがアイルランド人だと言うと、
よく言われるのが次の二つです。
1.「じゃあ、彼よくお酒飲むでしょう!」

2.「じゃあよく罵倒する(swear)でしょう!」
割合としては、1が9割で2が1割といったところでしょうか…。

【1について】

アイルランド人は確かにとにかくお酒をよく飲みます。

喜ばしいことがあったら祝い酒で飲酒、
怒ったらストレス解消で飲酒、
悲しかったらストレス解消で飲酒、
楽しい時はより楽しくなるために飲酒しています。

週末は何はなくともまずお酒で、日曜の夜まで深酒して、
月曜日は二日酔いでフラフラになりながら出勤、
酷い時は休んでしまうというのが毎週月曜日の恒例行事です。

大抵のアイルランド人は月曜の酷い二日酔い状態の時に
「もう二度とアルコールは飲まない!」と誓っているのですが
次の週末にはそれを忘れてまた同じことを繰り返しています…。

私は自分も家族も身の回りの人もお酒を飲まない人ばかりなので
最初は驚き、毎週同じことを繰り返しているのを見て
「バカなのかな?」と思っていました(笑)

アイルランドでは飲酒は文化の一つで、
老若男女が時間さえあればみんなパブに繰り出し
お喋りを楽しむ文化なのだそうです。

アイルランドの田舎では、近くにパブがなくなって
孤独死したお年寄りもいるんだとか。。

【2について】

アイルランド人は確かによくSwear words(罵倒語、罵り言葉)を
使います。

Fワードは三秒に一回くらい使いますし、
Cワードも頻繁に使います。

FワードとCワードの組み合わせ(F***ing c***)もしばしば。。

一度パートナーの知り合いで
無口なアイルランド人と話したことがあったのですが、
たまに話したかと思ったら「F*** that」とか
「He is a f***ing c***」とか
罵倒語しかほぼ話してなかったんですよね…。
先日仕事で違う会社のニュージーランド人と話していて、
彼女のアイルランド人の同僚について話を聞いたのですが…

「私たちは仕事の場でFワードを使ってしまったら
『しまった…』ってなるけど、
そのアイルランド人の同僚はFワードをあまりに使うから
もうそれが私たちにも普通になっちゃって、
彼女だけはFワードを使ってももう誰も気にしてないのよね。
それが面白くって!」

とのことでした。

というわけで、1も2もステレオタイプの偏見ではなくて
どちらも本当です…。

ちなみに、先日パートナーの家族から
彼宛てに届いたクリスマスカードには
「Merry mother-f***ing Christmas!」
という弟からのメッセージが(冗談で)書いてあったのが見えて、
季節の挨拶でも罵倒しちゃうんだなぁ…としみじみしました。

それを読んだパートナーは大ウケして、
「He is a f***ing idiot」とまた罵倒していました。

ですので、アイルランド人にFワードを使って話されても
本気で罵倒してきているのではなく、
基本的にはただの強調表現だと考えて差し支えないかと思います(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする