アイリッシュ文化と飲酒

3375104886_b0f22d70d4


アイルランド人はとにかくお酒を飲みます。


パートナーがアイルランド人だというと、
ほぼ必ず言われるのが「じゃあよくお酒飲むでしょ?」です(笑)

確かに、週末は必ずお酒を飲みますし、たまには平日にも。

しかも飲む量が半端ではありません。

私たち日本人はお酒を分解できる遺伝子の持ち主が
約半数ほどしかいないのに対して、白人は100%です。

コーラとウイスキーが混ざったお酒6缶を2時間ほどで飲み干し、
それでもほぼ素面なのには驚かされます。

12缶を飲み干すとさすがに酔い始めますが…。

私はお酒を分解できない遺伝子の持ち主なようで、
ビール一瓶を何時間もかけて
しかも飲み終えられるかどうかすら際どいタイプです(笑)




アイルランド文化と飲酒は密接な関係があり、
とにかくお酒がないと始まりません。

世界各地にアイリッシュパブがあり、
各地のアイルランド人がそこに集います。

アイリッシュパブはただお酒を飲む場ではなく、
大事な社交の場でもあります。

知らない者同士が気さくに声を掛け合い、お喋りを楽しみます。

私のパートナーも、新しい場所に着いたら
何はなくともとりあえずアイリッシュパブへ行きます。

そしてそこで知り合いや友達を作り、
仕事を紹介してもらったりも。

現在している仕事も、オークランド到着直後に行った
アイリッシュパブで知り合った人からの紹介で決まりました。

彼いわく、「アイリッシュパブはアイルランド人にとって
職安みたいなもんだね(笑)」と。

また、別の日に彼が一人でそこで飲んでいたら、
オーストラリア時代にクイーンズランド州で
ファーム仕事をしていた時に同じホステルに滞在していた
アイリッシュの女の子と再会したそうです。

彼女は旅行でオークランドを訪れ、
まず真っ先にアイリッシュパブを訪れたのだとか…。

生活の中心にこんなにパブがあるなら
当然足しげく通うようにもなるだろうし、
そしたら遺伝子的に下戸でもないし飲むのも無理はないですね~。

私としてはあんまり飲んでほしくないんですが(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする