アイルランドの大学から取られた思わぬ対応

ニュージーランド永住権の申請で、学歴でポイントの申し立てをする場合は
卒業した学校(専門学校、大学、大学院)からの成績証明書と
卒業証明書を提出する必要があります。

私のパートナーはアイルランドの大学を卒業したので
アイルランドの大学からそれらの書類を取り寄せないといけませんでした。

パートナーは一年前に大学にそれらの書類の申請をしていたのですが、
大学側はなぜか卒業証明書しか発行してくれず、
彼もまた適当なので成績証明書が欠けていることに気づかず
そのままにしていました。

今回、永住権申請に向けてすべての書類を揃えていたところ
「成績証明書がない!」と気づき、大学に発行をメールで頼みました。

ところが何度メールをしても埒があきませんでした。

最初に、前回卒業証明書を発行した時に連絡をしてきた
大学のスタッフのメールアドレスにメールをしてみたら
「私はもう別の部署に異動したので、後任にあなたのメールを転送しておきました」
という返事がきたそうです。

れを信じて待つこと二週間、何の連絡もなし。

彼がもう一度その人に連絡するも、また同じ返事が来たそうです。

後任の人のメールアドレスがその前任の人からの返事にCCで入っていたので
直接後任の人にメールを送るも、二週間返事なし。

もう一度後任の人に催促のメールを送っても、返事なし。

心配した私が業を煮やしてここで介入しました。

まず、大学に二日間何度も電話をかけました。

代表電話にかけて状況を説明して、
「担当の人に電話をつないでください」とお願いしても
「担当の者は今休暇中で、明後日になったら帰ってきます」
「担当の者がいる課は今忙しいので、後でまたかけなおしてください」
と矛盾したことを言われ
、電話でも埒が明かず。

担当の人が休暇中なら、同じ日にあとでかけ直しても意味がないのでは…?

翌日に電話をかけ直しても同じ対応をされて、
遂に私の忍耐の限界が来ました。

電話に対応してくれた受付の人のメールアドレスを聞き出して、
あらかじめ準備しておいた、状況を説明したメールを
電話をつないだ状態でその人に、
同報で後任の人のメールアドレスも入れて送り、
受け取りを確認してもらいました。

そのメールは、これまで彼が送った最新のメールを転送する形で書いたので
以下前任の人の返事のやりとりが全てメール下部から見れる形にしました。

そのメールを送って15分ほどで、「自動返信」というタイトルで
後任の人のメールアドレスから返信が来ました。

「メールありがとうございまし、あなたのリクエストを受け付けました。
リクエストでは氏名、住所、連絡先、生年月日、履修したコースの名前、
当校に在学した年度の情報を書いて下さい。

あなたのリクエストに関して、追加で情報が必要な場合はご連絡いたします。

現在、リクエストの処理には15-20営業日がかかることをご了承ください。」

彼いわく、「こんな『自動返信』俺には一度も来たことない!」とのこと。

しつこくしたら自動返信を装った人力での返事が来たようでした。

やっと返信が来たとはいえ、15-20営業日も待てるか!ということで
自動返信のメールに次のように、彼を同報に入れて即返事してみました。

(返信の冒頭に彼の氏名、住所などを改めて書いておきました)

「今日すでにお送りしたメールで述べましたように、
〇〇(パートナーの名前)は元々リクエストを昨年4月26日に送っており
ニュージーランドでの永住権申請書類提出の締切日が近づいています。
したがって、彼の成績証明書は15-20営業日後ではなく即日発行されるべきです。
彼はあなたに成績証明書の発行と郵送を頼むために連絡しましたが、
いつもたらい回しにされるばかりで、どなたも何の対応もしてくださいませんでした。
この問題を解決するため、私達の弁護士〇〇がすぐにそちらに連絡します。」

弁護士といっても私達が雇っているニュージーランドの移民弁護士なので、
例えアイルランドの大学が成績証明書を発行しなかったところで
何ができるかは分からないのですが、脅しとして「移民」を省いて
「弁護士」として弁護士さんの名前を入れてみました。

そして、アイルランドにある彼の実家に
成績証明書が郵送で翌日到着しました(笑)

その後、彼の実家からニュージーランドの私たちの住所に送ってもらいました。

成績証明書一つにここまでてこずるとは思いませんでしたが、
無事に手に入ってよかったです。