日本で持っていた携帯電話はどうするか?

スポンサーリンク

日本で持っていた携帯電話、スマホはSIMフリーであれば
海外でも利用できます。

SIMフリーとは、どの携帯会社のSIMカードでも使えること。
つまり、SIMフリーの端末さえあれば、
世界中どこの国へ行っても現地の携帯会社と契約して、
現地での連絡手段を持つことがすぐに可能になる訳です。

最近は日本でもSIMフリーの端末が増えてきたみたいで、
便利になりましたね。
私が日本で使っていたのはauのIS05というスマホで、
SIMフリーじゃないので海外で電話として使えません。

 

でも、私が滞在していたオーストラリア、
また現在滞在しているニュージーランドでは
フリーWifiの環境がとても整っています。

自 宅、学校や図書館だけではなく、多くのカフェやレストランで
Wifiに無料で接続できるので、そんな時に使えます。
現地で買った格安スマホは質があまり良くなく、 日本語が使えないので。
出先で日本語環境でインターネットに接続したい時に
日本のスマホを使っています。

 

オーストラリアとニュージーランドでは、
プリペイドプランでの契約が便利です。月額はどのキャリアでも大体20ドルほどで、
30日間の利用が可能です。

私が使っていたオーストラリアのTPGというキャリアは、
月額16ドルでデータ通信は1GBまで、
通話は300分無料でした。

現在使っているニュージーランドのSparkというキャリアは
月額20ドルでデータ通信は500MB。 通話は100分間無料。

 

一見すると、使い放題ではないので不便に聞こえるかもしれません。
でも、日本と違い月額およそ2000円ほどでスマホが使えること、
無料でWifiを使える場所がたくさんあること、
また2年間の縛りがないのはかなり自由度が高いこと…
これらを考えると、そう悪くありません。

ただし、放射能防御の観点から考えると、
一度でも汚染地域で使った端末は避難先に持ち込まない方が
良いと思います。
現地では日本と違い、100ドル程から買える格安のスマホがありますから。
日本のようにどの端末も数万円する、ということはありません。

海外避難の準備
スポンサーリンク
菊川 美代子をフォローする
博士課程を棒に振って海外避難
タイトルとURLをコピーしました