「考えることが好き」という盲点

「これなら時間を忘れて何時間でもできる」というレベルでの
好きなことや趣味が私にはない…とずっと思ってきたのですが、
最近になり私の好きなこと・趣味は考えることなのだと気づきました。

今までずっと「趣味がない。何か見つけないと
このまま退屈な人間として一生を終えるのでは」
「好きなことがないから、どんな仕事にやりがいを見いだせるかが
未だに分からない」などと考えていたのです。

ところが、APLaCの田村さんに「私はそういうのがないんですよね」と最近ふと言うと、
「あるじゃないですか。考えることですよ」という答えが返ってきて
「えっ!?」と驚愕しました。

私は好きなことや趣味といえば、
読書、ピアノを弾くこと、山に登ることなどの
とにかく身体的な動作を伴うものだとなぜか思い込んでいた
ようです。

考える、というのは身体的な動作を伴わないし
「今、あの人は考えているなぁ…」などと外から見えるものでもないので
自分が他人に比べてよく考える方だとか、
あるいは考えるのが少ない方だ、というのは分からないのですよね。

それもあり、好きなことや趣味は考えることという発想に至りませんでした。

確かに思い返してみれば、人から時々
「よく考えるね」と言われたことはありました。

でも私からすればよく考えるのが普通なので、
皆自分くらい考えていて、
違いはそれを言葉で表現しないだけだと思っていました。

考えるのが好きなのに、自分のことは
考えても全然分からなかった
という話です。

不思議ですよね。