人生でお金は何とかなる?

前の記事で、Work to Resident Visaをもらえることになったものの、
それに伴う私への経済的負担が凄くてストレスがかかっていて
でも状況が好転して大丈夫になった…ということを少し書きました。

状況が好転したというのは、
新しい雇用主からWork to Resident Visaが下りるまで
今の雇用主の現場で働き続けられることになったからです。

一旦は、二週間後に退職するという通知を出した後に
ビザが下りるには一か月ほどかかると移民弁護士に言われたので、
今の雇用主の現場監督に事情を説明して
「予定していた退職日からもう二週間働かせてほしい」とお願いするも
ギロリと睨まられただけで答えをもらえずに終わった…という状態でした。

それが木曜で、そのストレスからその夜に彼は飲酒して連続飲酒に入ってしまい、
翌日の金曜と週明けの月曜は欠勤してしまいました。

ところが火曜に出勤すると、その現場監督から
「新しいビザが下りるまでの間、働き続けてもらっても構わない。
新しい会社が嫌だったら、いつでも戻ってくると良い」

と言われたとのことで、私の貯金で彼を養う必要がなくなりました。

彼が働き続けられるのであれば、彼の分の生活費の負担が減るどころか
彼が自分のビザ関連費用として毎週200ドル程私に渡してくれるので
ホームレスになる可能性が0になりました。

ところが、良かった!と安心したのも束の間。

それから数日後に私の下の歯が物を噛むと少し痛むようになり、
慌てて歯医者でチェックしてもらうと、
「以前受けた根幹治療がうまくされておらず、根が炎症を起こしている。
紹介する専門医に行ってください。
専門医での治療費用は1800ドルほどです」と言われてしまいました…。

入っているプライベートの健康保険で750ドルはカバーされますが、
それでも差額の1000ドル超はかかります。

「せっかく経済的な危機を脱したと思ったら…」と悲しくなったものの、
パートナーが働き続けられなかったのであれば
治療費が捻出できなかった計算なので、
ある意味で全部何とかなっているのかもしれません。