土地に縛られなくなる

s_DSC_0767


ワーキングホリデービザで日本を出ると、
基本的に土地に縛られなくなります。

私の場合は家族も親戚もみんな日本なので、
血縁関係の人間が周りにいない状態です。

海外での引っ越し先にいきなり地縁が生じるはずもなく…。

仕事もワーキングホリデービザという短期ビザの状態では、
ウエイトレスなどの人手仕事以外に就くことは難しいです。

もちろん、母国でのスキルや経験がある人や、
すでに英語が堪能な人には高度な職に就くチャンスもあります。

基本的に、就職すると移動の自由がなくなりますが、
オーストラリアとニュージーランドは転職社会なので、
長くとも2~3年で転職し、引っ越しをすることが多いです。

持ち家があるというのでなければ、
2~3年ごとに異なる都市間で引越しをすることもできます。

日本では引っ越しというと家具など全てを運ぶ大移動ですが、
こちらは家具付きの物件が多いので
引っ越しにかかる費用が段違いに安く済みます。

家具付きシェア物件に引っ越すのであれば、
5万円もかからないかもしれません。

友人と離れてしまうというのも、
今の時代だとFacebookやSkype、LINEなどのSNSで
無料で連絡を取り合うことができますので心配ないかと。

友人がいなくて寂しい、となれば
元の都市に引っ越せばいいわけですから…。

また、住んでみた都市が肌に合わなければ、
その時にしている仕事がカジュアルジョブであれば
また引っ越して、次の都市を試してみれば良いです。

自分にとって心地いい土地を求めて、
ふらふらと根なし草生活もいいものです。

日本でこれをやると、白い目で見られますが(笑)

自分に合わない土地に住んでしまったとしても、
それによって自分にとって妥協できない条件などが
浮かび上がってくるので、そう悪いものでもありません。

全てのしがらみから逃れて、
「来年はどこに住もうかなあ」とワクワクする生活です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする