土地に縛られなくなると…

1236234184_2a2e9a4502

いったん日本を離れると、基本的に土地に縛られなくなります。

母国と違って、家族や親類縁者が近くにいるから
引っ越ししにくいということもありません。

親と暮らさなくてもよいので、門限もありません。

箱入り娘だった人にはすごい解放感があると思います(笑)

また、日本では友達が他の地域にいないから…と
引っ越しをためらうかもしれません。

でも、外国では、特に移住当初は友達がいないか、
いても少ないので、引っ越しをためらう理由になりません。

仕事も生きていくためにもちろんしますが、
嫌になったらすぐ辞められます。

正社員は終身雇用が基本の日本と違って、
オーストラリアとニュージーランドでは転職をするのが普通です。

むしろ、転職をしない人は「向上心がない」と
みなされ、マイナスになります。

数か月単位での転職はさすがにマイナスのようですが。

住む場所も、こちらでは住宅費が高いので
一人暮らしではなく、シェアをするのが普通です。

最近では日本でもシェアが増えてきているようで、
シェアハウスのリアリティー番組が人気だとか。

シェアだと家具を買う必要がありませんから、
身一つで入居/退去できます。

人と住むと、出ていく時にしがらみが発生しないのかと
心配するかもしれませんが、心配ありません。

「出ていこうとする人を引き留めない」というのがルールなので、
引き留められません。

ただ、内見時と入居時に「退去時は○週間前に知らせてほしい」と
言われますので(次の入居人を探すため)、
それだけをしっかり守りましょう。

それさえ守っていれば、退去時の話は
「○日に退去する」は「あ、そう」で終了です。

仕事はワーホリにできるようなカジュアルな仕事であれば
ほとんどが人手仕事なので、嫌になったらすぐに辞められます。

住居も、最低入居期間を守れば、
退去日を数週間前に知らせればOKです。

母国じゃないので、地縁もありません。

友達は、今のご時世フェイスブックなどのSNSで
どこにいても連絡が取れます。

何物にも縛られなくなるのが、ワーホリからの海外移住です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする