空気を読む必要がないという衝撃

2071389865_cb12175aee

オーストラリアとニュージーランドでは、
空気を読む必要が基本的にありません。

この文化の違いは、日本人の私にとっては衝撃でした。

オーストラリアとニュージーランドは移民の国。

多くの人が国や民族など異なる背景を
持っているのが当たり前です。

だから、日本のように
黙っていてもこちらの気持ちを読み取ってくれる、
ということはまずありません。

また、こちらも相手が黙っていたら
何を考えているか、どう感じているかなど
全くわかりません。

これだけでは分かりにくいと思うので、
私が体験した例を挙げます。


私はオーストラリアで
友人の婚約披露パーティーに呼ばれました。

会場は近所にあるお洒落なバーです。

パーティーは7時開始とのことでした。

日本人の私は、7時少し前にバーに着きました。

ところが、バーにはまだパーティーの出席者らしき人が
誰もいませんでした。

7時15分になっても同じ。


バーを間違えたのかもしれないと思った私は
慌てて携帯電話でパーティーに来るはずの
友人に連絡を入れました。

「もう7時なのに、誰もいない。
私は違うバーにいるのか?」

すると、電話をした友人が
慌てて駆けつけてくれ、私にこう言いました。


「7時開始と言われたら、9時頃に来なくてはいけない。

主役の友人にも今電話したけど、
今シャワーを浴びているからあと2時間ほどで家を出るそうだ。

誰も時間通りには来ないんだ。

日本は違うのかもしれないけど、
こっちでは開始時間というのは、
出かける準備を始める時間なんだよ…。」


この時に受けた衝撃はまだ忘れることができません(笑)

一事が万事、こんな調子です。


こんな文化差がお互いに常にある状態で、
空気を読むことは可能でしょうか?

答えはもちろん否です。

違う文化がお互いの背景にあるので、
お互いに説明をしないと分からないのです。

空気を読むことが不可能なので、
空気を読む必要がなくて楽ですよ(笑)