ディープな「危険厨」以外が知らないこと

16392934786_47f8e88220


いわゆる「危険厨」でないと知らないのかな?と思う情報を
今日は少し。

放射能の危険性を発信してる主なメディアは、
SNSと個人ブログです。

Twitter(Twitter自体がライブドアにニュースのように
独自ニュースとして流してるとかではもちろんない)と、
あとFBの泡沫のような規模のグループがいくつか、
あとは個人ブログですね。

最近はTwitterを滅多に見ていないんですが、
Twitterを始めてから色々と流れてくる情報を見ているうちに
放射能に気を付けるようになりましたって人が
割といたように思います。

反原発デモは国内の大手メディアがあまり流さないから
不可視化されていた(いる)んですけど、
参加者がTwitterに写真付きで様子をアップして、
公安が転び公妨をやった瞬間の写真とか流れてました。

反原発デモで逮捕者が何人か出ていて、
その人たちへの救援活動とかカンパとかのお知らせが
回っていました。

2012年12月9日に阪南大学経済学部の下地真樹准教授が逮捕され、
20日間拘留の末に12月28日釈放されたということがありましたが、
それもテレビや新聞では全然報道されてない中
(実家が購読している政府太鼓持ちの読売新聞では、
十センチ四方くらいの記事が社会面に少し載っていただけ)、
Twitter上では精力的に情報が拡散されていました。

といってもマイノリティーでしたけど。

ちなみに、下地准教授はTwitter上で積極的に発信し、
デモに精力的に参加し、大阪駅前などでも街宣を行い、
関電前のデモにも参加するなど、
大阪の此花区での震災がれき焼却阻止の活動の
中核であった人物だったので、それで逮捕されてしまいました。

下地准教授の抗議文「モジモジ先生の抗議文。みたいな。」

…と、このように、反原発あるいは反被曝の人達は
実はTwitterをとても利用しています。

ただ、やはり実名でやっている人はとても少ないですね。

ハンドルネームが多数派です。

実名でやっているアカウントがある人は
そちらで当り障りのないことを書いて、
ハンドルネームの方で被曝懸念など本音を書くという使い分けを
している人もいます。

反瓦礫焼却で頑張っていた大阪のお母さんは、
「Twitterをやり始めてからお前はおかしくなった」と
インターネット環境を取り上げられたりしていました。