ニュージーランドを避難先として選んだ理由

2166436723_9fddf2f805


ニュージーランドを避難先として選んだのは、
南半球にある英語が公用語の国で、
ワーキングホリデービザで一年間滞在できるからです。

オーストラリアと同じ理由ですね。

当初はオーストラリアで永住権を取りたかったのですが、
オーストラリアは競争率がとてつもなく高く
手に職がない私では無理だと判断して
ニュージーランドに渡りました。


ニュージーランドには原子力発電所が一つもなく、
原子力潜水艦の寄港も許されていません。

私のように放射能が理由で海外移住を考えている人には
とても良い環境だと思います。


惜しむらくは、原発事故が起こってからしばらく後に
風向きの影響で日本からニュージーランドへと
放射性物質を含むプルームが到達してしまったことです。

ニュージーランドだけではなく、
その前にオーストラリア北東部にもプルームが来たようです。

オーストラリア北東部にあるノーザンテリトリー州では
福島由来の放射性物質が到達したと
現地で報じられていました。

とはいえ、日本に比べると汚染度は桁違いに低く、
またヨーロッパと異なりチェルノブイリの影響もありません。

英語圏の中ではオーストラリアとニュージーランドが
放射能を避けるという意味では一番安全かと思います。

いくら滞在許可があるといっても
永住権を取らない限りいつかはその国を去らなければいけません。

ですので、永住権また永住権につながりやすいワークビザを
取りやすいニュージーランドは避難先としてお勧めです。

私のパートナーも私と同じく職歴も特技もありません。

でも、ワーキングホリデービザで
現地の会社で頑張って働いていたところ認められ、
先月ついに二年間のワークビザを取得しましたので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする