プロフィール


菊川美代子

2012年3月に同志社大学大学院博士課程単位取得退学、2012年5月にオーストラリアへワーホリビザで渡航。
オーストラリアで2年間のワーホリ、NZで1年のワーホリを経て、現在はパートナービザ(Work Visa Based on Partnership)にてNZに滞在しています。
オーストラリアで出会ったアイリッシュのパートナーと永住権目指して奮闘中。
私のオーストラリアワーホリ体験談はこちら

→詳しいプロフィール

ご連絡はmiyoko.kikukawa★gmail.comまでどうぞ。(★を@に変えてください)

海外移住に英語力はどれほど必要か?

27715801641_c8df3e8682

 

英語圏に移住したい!と思っても、
「英語ができないし・・・」と言葉の壁でためらってしまう人は
多いのではないでしょうか?

実際に移住をして得た四年半弱の経験から
どれくらいの英語力が必要かと考えてみると、
「できればできるほど良い」という身も蓋もない答えになります。

日本国内で日本語ができない人間に何ができるか、と考えてみると
色んなことに制限がかかるのが想像できるかと思います。

たとえば、日本にどこか外国からの留学生が来て、
日本語は文字は読めるけど話せるのは挨拶くらい、
聞き取りはほとんど無理・・・という場合、
その人は日本国内で一体どんな職に就けるのか?と。

親が裕福で働かなくても良いくらい送金してもらえたり、
貯金がたくさんある、という人もいるでしょうが、
永住ベースの移住を目指すならば送金も貯金も
自分が死ぬまで続く訳ではない人が大半かと思います。

あるいは、株の配当や不動産からの収入がある、など
日本国内からの継続的な所得が見込めるならば話は別ですが、
どこかの段階で移住先の国で働いてお金を稼がないといけなくなる、
という人は英語ができるに越したことはありません。

お金があれば必要な時に通訳や翻訳を雇えばよいですが、
それでも万が一犯罪に遭ったり体調が急激に悪くなったりと
咄嗟の助けを求める必要がある時に、
やはり現地の言葉を話せないと危機管理として不安という面もあります。

私は日本にいる時にIELTSのアカデミックで6点あったので
ここで紹介するのはそのレベルでの勉強方法となりますが、
私はGyaoというサイトでSex and the cityという海外のドラマを
日本語字幕付きで一日一本見ていました。

あとはデスノートという漫画が好きで、
日本語で漫画を読みアニメも見ていて内容を知っていたので、
アニメの英語吹き替え版をYoutubeで見ていました。

最初は三割くらいしかわかりませんでしたが内容を知っているし、
好きなので理解したくて辞書を引きながら何度も見ているうちに
わかるようになってきました。

もちろん、ドラマや映画を見ている時にも、
分からない表現があったら辞書を引いて調べる必要があります。

最初はBBCなどのニュースをポッドキャストで聞いて
リスニングの勉強をしようと思ったのですが興味が続かず(笑)

とにかく英語の勉強なしに好きだと思える作品を見つけるのがコツです。
好きじゃないと毎日続けるのが私の場合は難しかったので…。

とはいえ、映画やドラマでも英語の勉強にはなりますが、
やはり机に向かって勉強する時間もなければ英語力は伸びないので、
おそらく時間が一番ある渡航前に
できるだけ英語を勉強しておくのが良いと思います。

渡航したら、住居探しや学校探しなど、
こちらの生活に慣れるまでバタバタするので
机に向かえる時間がしばらくの間なくなってしまいますから。

こう書くと矛盾するかもしれませんが、
英語ができなくても移住をして、人の温かさに触れて感動して
幸せを感じることが可能である
ことも強調しておきます。

例えば、シェア住居探しの時など、英語ができない人の方が
いいシェアに当たったりします。

英語ができない状態でシェア探しをやっていくと
英語ができない人の言うことに一生懸命耳を傾けてくれる人しか残らないので、
必然的にいい人だけが残るという。

英語が不得意な人が問い合わせの電話を掛けてきたら
ガチャ切りするような人は(数は少ないですがそういう人もいます)
英語が不得意な人の引越し候補先にならないのですが
一方で英語ができる人が問い合わせをすると普通に対応されてしまうので、
「いい人なのかな~」と思って引っ越したら
引っ越した後に「嫌な人だった・・・」と分かるケースなんかが実際あります(笑)

役所での書類手続は何と15分以内に終了

https___www.pakutaso.com_assets_c_2014_08_PAK82_syoruinidamedashijyoushi20140125500-thumb-autox1000-5222

 
海外に長期滞在するとなると、
煩雑な書類手続きが必要だというイメージがあるかもしれません。

しかし、実際にはそんなことはなく、
私の場合は15分もかからず全ての手続きが終わりました。

 
私の場合、必要な手続きは海外転出届の提出のみでした。

市役所でできます。

 
海外転出届には、氏名と滞在先の国名、
滞在予定期間を書いて提出します。

海外転出届を出すと、書類上、
日本に住んでいないという状態になります。

ですので、国内に住んでいると義務である
国民年金と国民健康保険の支払いが免除になります。

帰国するとまた支払いが義務となって発生しますが、
海外に滞在中は支払い義務が生じません。

この海外転出届を提出しなければ、
書類上は日本に居住している状態のままになります。

そうすると、国民年金と国民健康保険への支払いが
これまでと同じく義務のままです。

国民年金は任意で支払い続けることができますが、
自分の年代はもらえないだろうと思っているので
私は支払わないことにしています。

それに、私は日本を出た時にかなり予算が低く、
また現地で年金の支払いをできるほど
余裕がすぐできるかが不確かでしたので…。

 
後から払いたくなった場合は追納もできます。

追納は、帰国後二年以内だと過去の未納分を遡って
支払うことができます。

ですので、私のように予算が厳しい人は
当面は支払いを先延ばしにしてもいいかもしれません。

 

また、転出届を出しておかないと、
住民税の支払いも発生します。

住んでいないのに住民税を支払うというのは、勿体ないです。

【ニュージーランドワーキングホリデー】オンライン申請

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_03_PAK85_notepc20150319202127500-thumb-1000xauto-12216

 
ニュージーランドのワーキングホリデービザの申請は、
大部分がオンラインで完結します。

オンラインの部分は、おそらく15分もかからずに終了できます。

ニュージーランドのワーキングホリデービザ申請のための条件は
以下の通りです。

・日本国籍を持っていること
・申請時に、年齢が18歳以上30歳以下であること
・子供がいる場合は、子供を同伴しないこと
・犯罪歴がないこと

これだけです。

申請料は、日本国籍を持っていれば無料です。

 
日本は結核に罹患する危険性が高い国ということで、
過去5年以内に日本に三か月以上滞在していた人は
胸部X線の検査結果を提出する必要があります。

この検査結果を郵送する作業のみがオフラインです。

 
胸部X線を受ける病院はどの病院でもいいわけではなく、
ニュージーランド政府指定の病院に出向く必要があります。

私はオーストラリア滞在中にこのビザを申請しましたので、
オーストラリアにある指定病院に行ってきました。

 
料金は96豪ドルでした。

ちょっと痛いですが、
ビザの申請料が無料なのであまり気になりません。

私の場合は諸事情で郵送できる状態になったのが遅く、
ニュージーランドまでEMSで送ったのですが、
その費用に何と50豪ドルほどかかったのがショックでした(苦笑)

EMSで追跡できたので毎日サイトでチェックしていましたが、
何とニュージーランドに到着した翌日には
ビザの認可が下りました。

結核にはかかっていなかったので良かったです(笑)

英語ができなくても一人で楽々とビザ申請

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_01_PAK75_englishchirabaru20141206204205500-thumb-1000xauto-5864

 
英語が出来なくても、ワーキングホリデービザの申請は
一人で楽々とできます。

オーストラリアとニュージーランド、
どちらのワーキングホリデービザの申請の仕方も
無料でインターネットに載っているからです。

 
例えば、オーストラリアのものだと、Googleで
「オーストラリア ワーキングホリデー 申請」と
検索してみてください。

二番目に出てくるサイトで、
申請の際の記入方法が日本語で書かれています。

私の時もどのサイトを見たかは忘れましたが、
似たようなサイトを見て自分で申請しました。

エージェントの中には、
にはワーキングホリデービザ取得代行サービスとして
7000円も取るところがあるようです。

ですが、自力でできる上に、
作業自体は30分もかからず終わるので代行サービスは不要です。

その7000円はそんなところで無駄にせず取っておいて、
どうぞ現地での生活資金などに充ててください。

オーストラリアのビザはこのように完全に自力で申請し、
私の時は3日で認可されました。

すべてオンラインでの申請ですので、
とても速いし便利です。

ニュージーランドのワーキングホリデービザも
基本的にはオンラインです。

ただ、日本人は胸部X線の結果提出を
郵送することが求められます。

日本は結核の罹患率が高い地域のうちの一つなんだとか…。

日本に五年以内に三か月以上居住していた人は
ニュージーランド政府が指定する病院で胸部X線を受け、
結果をニュージーランドに郵送する必要があります。

私の場合は、X線の結果がニュージーランドに届いた翌日に
ビザが認可されました。

指定病院でレントゲンを撮るのはお金もかかりますし面倒ですが、
日本人はワーキングホリデービザの申請料が無料なので
それを考えるとそう高い出費ではありません。

経験者が語るワーキングホリデービザで渡航の場合に必要な初期費用

PPC_1manensatu4mai500

 
ワーキングホリデービザで渡航するにあたっては
最低でも100万円はあったほうがいいと言われていますが、
そんなに必要ありません。

渡航先によるかもしれませんが、
オーストラリアとニュージーランドでは
まず100万円もいらないと思います。

 
渡航後しばらく語学学校に行ったり
ホームステイをするなら必要かもしれませんが…。

語学学校に三か月ほど行ったとしても、
ホームステイをしなければ
航空券や保険を除くと50万円ほどで十分です。

 
語学学校に行ったとしても、
学校に行きながらアルバイトができるので
仕事さえ見つかればその間に収入が入ります。

ウエイトレスの仕事でも見つかれば、
最低賃金とはいえ週3日以上入れば
生活費の赤字はおそらく消えます。

学費の分のみ赤字になる感じですね。

いいアルバイトが見つかれば、赤字解消どころか
黒字に傾く場合もあります。

また、オーストラリアでは土曜日に働くと
時給が50%増し、日曜日だと時給が倍になります。

ですから、NSW州の場合だと、
最低賃金職種のウエイトレスで働いたとしても
学校が休みの土日に丸二日働けたなら、

・土曜日:時給16ドル×1.5倍×8時間=192ドル(約19000円)

・日曜日:時給16ドル×2倍×8時間=256ドル(約25000円)

これで合計、448ドル=約44000円です。

飲食業だと土日出勤が求められることが多いです。

家賃の安いシドニー西部で個室となると、
家賃は大体週200ドルほど。

食費は自炊すれば週50ドルほど。

雑費や交通費などが、私の場合は合わせて週100ドルほどでした。

出費は合計350ドル。

毎週100ドル弱貯金できる計算です。

 
残念ながら、ニュージーランドは土日祝日に働いても
時給は跳ね上がりません。

ただし、ワークビザや永住権が取りやすいので
一長一短といったところでしょうか。

それでも週20時間ほど最低時給で働けば
赤字は解消です。

ですので、日本で時間を取って100万円貯めるよりは、
もう50万円貯まったら渡航した方がいいです。

日本から早く出れば出るほど、被曝の影響を小さくできるので。

お金をどのようにして持っていくか?

PAK73_kaigainookane20140531500

 
海外に長期滞在するにあたり、
日本からお金をどのようにして持っていくかということは
なかなか重要な問題のように思えます。

しかし、実はそう重要ではありません。

 
確かに、金融機関や両替所によって微妙にレートは違います。

チェックし始めると結構面白いので
ついつい時間を使ってしまうのですが、
その時間を英語の学習にでも使った方がいいと思います。

 
というのも、私のようにワーキングホリデービザで
渡航するような人間はそうそう大金を持っていきません。

また、現地でフルタイムで就労できるので
いったん週3程度の仕事を見つけると、
もうそこで赤字は止まります。

貯金はできなくとも、プラスマイナスゼロになります。

それに20代の若者だと貯金があまりない人が多いでしょうから、
それくらいの日本円を両替しても、
誤差はおそらく最大でも数千円~数万円程度かと。

現地に行って英語ができないと、
仕事を探すのにとても時間がかかります。

また、仕事探しに時間がかかると、
その間無収入なわけですから貯金は急激に減ります。

減り続けていく貯金額を外国で眺め続けるのは
精神的にかなり辛いものがあります。

ですので、まずは日本を出る前に
可能な限り英語力を磨くことに集中するのが良いと思います。

 

英語力に難があると、
人手仕事の賃金が安い仕事にしかつけないことが多いです。

せっかく日本での職歴とスキルを認められて書類選考を通っても、
電話面接で英語力がネックとなり
いつも落とされる日本人をオーストラリアで見ました。

日系の企業に入社するなら、また違った感じかもしれません。

しかし、日系の企業に入ると、
日本からお偉いさんが来るたびにペコペコして接待せねばならず、
しかもそのお偉いさん型が現地の事情を知らずに
頓珍漢な指示ばかりを出して帰っていくから
ストレスが溜まるのだとか…。

やはり、現地語ができないと厳しい状況に陥りがちなので、
目先の数千円や数万円にこだわって時間を消費するよりは
英語力を磨くのが最終的には金銭的にも利益になると思います。

国際運転免許証を持つとこんなに便利

4109510447_f632957233

 
これから海外に長期滞在をする方は、
日本で国際運転免許証を取ることを
強くお勧めします。

 

実際に車を運転するために必要なのはもちろんですが、
本人確認書類として非常に役立ちます。

 

なぜなら、オーストラリアでは
本人確認書類提出の際に、
100ポイントチェック制度を取っているからです。

各書類・カードのポイントは以下の通りです。

カテゴリー1
 パスポート:70
 出生証明書:70

カテゴリー 2
 オーストラリア政府発行の運転免許証:40
 オーストラリアの各種学校の学生証:40
 国際運転免許証:25
 クレジットカード・デビッドカード:25
 電気、電話、水道料金の請求書等、
 本人の名前と住所が記載されているもの:25

 
銀行の口座を開設する時や
警察証明書の申請をする時など、
これら複数のIDを提出して
100ポイント以上にする必要があります。

 
入国後まもなくですと、
この100ポイントをなかなか満たすことができず
人によっては苦労することがあります。

 
もし、国際運転免許証を持っていれば、
それで25ポイント。

パスポートで70ポイント。

あとは大体の人が持っているであろう
クレジットカードで25ポイント。

合計120ポイントです。

学校に行くのであれば、学生証が40ポイントで
パスポートと合わせて110ポイントになりますので
非常に楽です。

しかし、私はワーキングホリデービザで
語学学校を卒業した後に所属先がなかったため、
この100ポイント制に結構泣かされました…。

私は生まれてこのかた、車を運転したことがなく
日本の運転免許証すらなしでした。

出生証明書(日本だとおそらく戸籍謄本)だと、
政府認定の翻訳者にお金を支払って頼んで
英語に翻訳をしなければいけません。

また、光熱費の請求書など
各種会社と契約してすらいませんでした。

間借りでしたので。

そんな私はどうしたかというと、
ANZ銀行が入国後6週間以内だと
パスポートのみで口座開設が可能だったので、
渡豪直後にANZ銀行で口座を開設していました。

 
後日、自分の家に銀行からの取引明細書が
送られてきますから、
それで私の名前と住所が記載された
書類を獲得しました。

 
これで、

パスポート:70
ANZ銀行のデビッドカード:25
名前と住所が記載されている書類:25

の合計120ポイントでした。

「まずはホームステイで現地に慣れる」は本当に必要か?

35361369_7ea5bcfe3f

 

「現地に慣れるためには、まずホームステイからが一番!」
…そううたうエージェントがたくさんありますが、
それは本当なのでしょうか?

 

 

個人的には、ホームステイは全く必要がないと思います。

なぜなら、現地の人達と住む方法は
ホームステイだけではないからです。

 
別の記事でも書きましたが、
オーストラリアとニュージーランドでは
部屋やフラット(日本でいうマンションの部屋)、
一軒家を複数人でシェアするのが当たり前です。

 
ホームステイだと、エージェントを通すので
マージンを引かれる分家賃が高めとなります。

また、食事が提供されるので、
夕食がいらない時など逐一知らせる必要が出てきます。

日本からの到着直後は友達などいないので
それで不自由はないのですが、
友達ができ始めるといちいち連絡するのが億劫になりがちです。

さらに、ホームステイ先の家族に小さい子供がいると、
子守役になってしまったりも。

長期間の家賃を前払いしたものの
契約前に出ていきたくなっても、
エージェントの許可を得なければ返金ができません。

 

 
その点、シェアだと、
オーナーにはよりますが家賃が折半のところもあります。

また、折半でなくオーナーに利益が入る形態であったとしても、
ホームステイより高いということはありません。

もちろん家賃は物件のグレードにもよりますが、
同じレベルの物件であれば
シェアの方が高いということはありません。

シェアだと、自分で探す必要がありますが、
シェアメイトと入居前の見学の際にでも会えますので
人や雰囲気を先に見ることができます。

ホームステイの売りとして

「英語を毎日話す機会ができる」

というのをよく見ますが、これはシェアでも同じです。

 
日本人ばかりのシェアを選んで入居するのでなければ、
どの国の人相手でも英語での会話になります。

 
向こうも英語が下手だったら練習にならないかも、
という心配は無用です。

シェアの広告では、そこの住人の年代や出身地が
載っていることが多いので、
英語圏出身の人がいるシェアを選べば解決です。

 

 
「英語が下手な自分が、いいシェアなんか見つけられるのかな?」
という心配も無用です。

 
なぜなら、英語が下手な人ほど、
いいシェアが見つかりやすいからです。

 
 

 

わかりにくいですか?

 

 

下手な英語を忍耐強く聞いてくれる人ほど、
いい人なのです。

あなたがシェアの見学を申し込みたくて電話したとして、
あなたの下手な英語を聞いて
いきなり電話を切ってしまう人。

何度も聞き返してくれて、理解しようとしてくれる人。

どちらがいい人でしょうか?

どちらが当たりのシェアになりそうでしょうか?

 

 
もし、あなたの英語が上手だったら?

下手な英語を聞かずに黙って電話を切ってしまう人の
シェアに見学におそらく行くでしょう。

それで、立地が良かったり建物がきれいだったりすれば
入居してしまうかもしれません。

そして、入居後に
「シェアメイトがあまり良くない」と
愚痴をこぼす事態になるかもしれません。

あなたの英語が下手であればあるほど、
それがふるいとなって、いいシェア先ばかりが残るのです。

 

 
ですので、ホームステイでももちろん良さがあるでしょうが、
シェアと比べて、

「何が何でも最初はホームステイでなくては!」

ということはまずないと思います。

常備薬を現地調達するには?

海外に移住するにあたって、常備薬をどうするか。

これは多くの人が持つ疑問ではないでしょうか?

私の場合は、持病は子宮内膜症だけで、
現在は特に治療の必要がない状態を保てています。

病院に行かないと手に入らない薬を
持参する必要はありませんでした。

それでも、少し体調を崩した時や生理痛、頭痛の時など
ずっとEVEという市販の鎮痛薬を服用していました。

まるで万能薬のように(笑)

EVEの成分はイブプロフェンです。

オーストラリアとニュージーランドでも、 同じ成分の薬がスーパーで買えます。

AdvilやNurofenというブランドの名前で販売されています。

値段は大体ひと箱20錠で5ドル(約500円)ほど。

そこで、私がEVEの代わりとして買っているのは
Ibuprofenという 成分の名前そのままで販売されている、
各スーパーのプライベートブランドのものです。

プライベートブランドのものだと、
オーストラリアではひと箱2ドルほど。

物価が高いニュージーランドでもひと箱3ドル50セントほど。

バファリン派の人は、同じくプライベートブランドの
Paracetamol(パラセタモール)がバファリンと同じ成分です。

Ibuprofenよりも値段が安く、ひと箱2ドルほど。

体がアジア人よりも大きい白人が主流の国々なので、
成分が同じとはいえ含有量が多いです。

なので、私のように日本で二錠を服用していた人も
こちらのものだと一錠で十分ということもありえます。

ただし、病院でしか処方されない薬が必要という人もいます。

その場合は、出国前にかかりつけ医で英文の処方箋をもらって、
現地の病院で薬をもらう必要があるかと思います。

日本で持っていた携帯電話はどうするか?

日本で持っていた携帯電話、スマホはSIMフリーであれば
海外でも利用できます。

SIMフリーとは、どの携帯会社のSIMカードでも使えること。
つまり、SIMフリーの端末さえあれば、
世界中どこの国へ行っても現地の携帯会社と契約して、
現地での連絡手段を持つことがすぐに可能になる訳です。

最近は日本でもSIMフリーの端末が増えてきたみたいで、
便利になりましたね。
私が日本で使っていたのはauのIS05というスマホで、
SIMフリーじゃないので海外で電話として使えません。

 

でも、私が滞在していたオーストラリア、
また現在滞在しているニュージーランドでは
フリーWifiの環境がとても整っています。

自 宅、学校や図書館だけではなく、多くのカフェやレストランで
Wifiに無料で接続できるので、そんな時に使えます。
現地で買った格安スマホは質があまり良くなく、 日本語が使えないので。
出先で日本語環境でインターネットに接続したい時に
日本のスマホを使っています。

 

オーストラリアとニュージーランドでは、
プリペイドプランでの契約が便利です。月額はどのキャリアでも大体20ドルほどで、
30日間の利用が可能です。

私が使っていたオーストラリアのTPGというキャリアは、
月額16ドルでデータ通信は1GBまで、
通話は300分無料でした。

現在使っているニュージーランドのSparkというキャリアは
月額20ドルでデータ通信は500MB。 通話は100分間無料。

 

一見すると、使い放題ではないので不便に聞こえるかもしれません。
でも、日本と違い月額およそ2000円ほどでスマホが使えること、
無料でWifiを使える場所がたくさんあること、
また2年間の縛りがないのはかなり自由度が高いこと…
これらを考えると、そう悪くありません。

ただし、放射能防御の観点から考えると、
一度でも汚染地域で使った端末は避難先に持ち込まない方が
良いと思います。
現地では日本と違い、100ドル程から買える格安のスマホがありますから。
日本のようにどの端末も数万円する、ということはありません。