プロフィール


菊川美代子

2012年3月に同志社大学大学院博士課程単位取得退学、2012年5月にオーストラリアへワーホリビザで渡航。
オーストラリアで2年間のワーホリ、NZで1年のワーホリを経て、現在はパートナービザ(Work Visa Based on Partnership)にてNZに滞在しています。
オーストラリアで出会ったアイリッシュのパートナーと永住権目指して奮闘中。
私のオーストラリアワーホリ体験談はこちら

→詳しいプロフィール

ご連絡はmiyoko.kikukawa★gmail.comまでどうぞ。(★を@に変えてください)

実は不便な国・日本

13470091445_6d11ceb71e

 

事情があり、
数日前から日本に一時帰国しています。

 

約3年ぶりに帰ってきた日本は、
とにかく不便の一言です。

ニュージーランドから持ってきた
デビッドカードがどの店でも
一切使えないのには参りました。

それならばとニュージーランドの銀行口座から
日本の自分の口座に国際送金し、
いざ引き出そうとしたらATMの手数料がかかります。

どの銀行のどのような種類の口座を持っているかによって
手数料の有無と金額は異なりますが…。

オーストラリアとニュージーランドでは、
24時間365日ATMでの引き出し手数料が無料です。

カード決済を受け付けない場所ばかり、
かといって大金を常に持ち歩いていたくないので
こまめに引き出さねばならず、
そして手数料を取られるというのは酷いです。。

病院にかかっても、
カード決済を受け付けていない所が大多数。

また、携帯電話はプリペイドのプランがほとんどなく、
二年縛りのものばかり。

カフェやレストラン、図書館にすら
Free Wifiがほとんどないので、
一日200円ほどでWifiをレンタルしなければなりませんでした。

家にインターネット回線を引こうにも、
それも2年縛りのプランしかないので…。

 

 

ニュージーランドから持ってきたパソコンを
日本のコンセントに挿せるようにするプラグが
住宅地にある家電量販店には売っておらず、
都市部にまで行かなければなりませんでした。

日本の家電製品を海外で使えるようにするプラグは
品ぞろえが豊富な一方で、
その逆のものは圧倒的な少なさ。

日本のビジネスが、
いかに日本に長期間住む人間しか
対象にしていないかがよく分かります。

 
在外日本人や観光客など、
日本国外から人が訪れることを
あまり想定していないのでしょう。

 
日本政府は外国からの観光客を増やしたいようですが、
これでは観光客にとってあまりに不便です。

これでは、ほぼ鎖国しているようなものと言えるでしょう…。