オージー・イングリッシュは訛っててダメ?

7420476738_0462295a7f


「オーストラリアの英語は訛っているので、
身に着けてしまうと良くない。」

としたり顔で言う人をたまに見かけますが、
本当でしょうか?


確かに、オーストラリアの田舎へ行くと
もはや英語を話しているのかわからないレベルで
訛っている人がいます(笑)

理由はわかりませんが、
個人的には男性の訛りは本当に激しいです。

同じ訛りでも、女性のものは比較的
理解しやすいのですが。

しかし、シドニーやブリスベン、メルボルンなどの都市部だと
そこまで訛っている英語に出合いません。

日本で習ってきたアメリカ英語に慣れた耳でも
十分対応できるレベルです。




確かに、”Good on you”などの
オーストラリア英語特有の言い回しはあります。


でも、それはイギリスでもアメリカでもどこの国でも、
それぞれの「お国英語」がありますので、
その言い回しを一度覚えてしまうと、
コミュニケーション上の問題には特になりません。



英語の本家本元のイギリスでも、
リバプールなど訛りが強い地方があります。

ですが、「イギリス英語は訛っているから駄目だ」とは
あまり聞きませせんよね?

ですので、オーストラリア英語は
訛っていて駄目ということはなく、
単にどこの地方に行くかによります。

訛りが強い地方に行くと、
その地方以外で通用しない英語を
身に着けてしまうかもしれません(笑)

ワーキングホリデービザだとどこにでも行けます。

それでも、空港からいきなり田舎に直行する人は
まずあまりいないでしょうから、
都市部で過ごすうちに訛りの強くない英語に
触れることができると思います。


「オージーイングリッシュは…」というのが気になるのは
語学留学で行く人たちかもしれません。

でも、語学学校というのは都市部にありますから、
訛りのきつい英語について心配する必要はありません。


各国の「お国訛り」を身に着けたとしても、
あなたがある程度喋れるのであれば、
相手もこちらに聞いてきますので
その時に説明すれば理解し合えます。

また、相手の「お国訛り」が分からなければ、
こちらから意味を聞いて説明してもらえばよいのです。




ですので、

「オージーイングリッシュは訛っていて駄目だ」

というのはただの都市伝説レベルの話です。


また、そう言う人は、
訛り以前に英語があまり上手ではなく、
それを訛りのせいにしているだけのことが多いです。




つまり、責任転嫁ですね(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする