オーストラリアで和書を入手するには?

16717504676_5ca3cc5925


オーストラリアで日本の本を入手するのは、
とても簡単です。


シドニーにいるのであれば、
町中心部にあるKINOKUNIYA(紀伊国屋)に行けば、
たくさんの日本の本が売られています。

ただし、運輸費がかかっているため、
日本国内で買うよりも割高です。


そこで、私は日本のAmazonでKindle版を購入するか、
Kindle版がないものは、「自炊業者」に頼んで
電子化してもらっています。

Androidのタブレットを持っているので、
Kindleのアプリをインストールすれば、
ページ割りなどまるで紙の本のように快適に読めます。

また、Kindle版は紙の本に比べて
価格が割安なのが嬉しいところです。

とはいえ、Kindle版が出ている本の数は
まだまだ少ないのが現状です。

読みたい本にKindle版がない時は、
いわゆる「自炊業者」さんに頼んでいます。

「自炊業者」は、顧客から本や雑誌を受け取って、
裁断して、スキャナーで読み取ってPDFファイルにしてくれます。

こちらがすることは、ただAmazonで注文した際に
本の送り先をその業者の指定する住所にするだけです。

価格は、高くても一冊せいぜい数百円くらいかと。

一番安ければ、一冊100円もいかないくらいです。


価格は、本のページ数や、
OCR検索をかけられるようにするか
(本の中の言葉を検索できるようにする)などで
違ってきます。

あと、短期間で仕上げてほしい場合も、
料金が加算されます。


最大手の業者は、BOOKSCANです。

https://www.bookscan.co.jp/

350ページ以内の本であれば、
一冊100円だそうです。

電子版書籍の利点としては、
何といっても本を持ち歩かなくてよくなることです。

日本を出て以来しがらみがなくなったので、
かれこれ3年弱ほど気の向くままに
両手で足りないほどの数の引っ越しをしてきました。

そんな自分にとって、
荷物を増やすことなく読書を楽しめるのは
本当にありがたいです。




自分の好きな国の好きな場所で、
好きな日本の本をいつでもどこでも読めるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする