オーストラリア移住のデメリット

1312800821_2a89ab0921

オーストラリアへ移住することのデメリットとは
何でしょうか?

それは、おそらく仕事などの外部環境的には
不遇の状況に陥りやすいことです。

オーストラリアでは、
“Pakistani professor, Sydney taxi driver”
と言われるそうです。


パキスタンで大学教授をしていたほどの人間も、
オーストラリア、つまり外国では
タクシーの運転手をするところからしか始められないと。

実際にそうなのかはわかりませんが、
言わんとすることはわかります。


ビザの問題、言葉の壁という要素が入ってくると、
外国でつけるのは、母国でついていた仕事よりも
2ランク下の仕事と言われています。

とはいえ、調理師や美容師など、
日本と同じ仕事についていた人たちも多数見たので、
もちろん職種にもよるとは思います。

2ランク下ということは、
いわゆる社会的地位も下がります。

お給料も、オーストラリアの方が
賃金ベースが高いですが、
(NSW州ではウエイターで最低賃金16ドル=約1600円)
仕事によっては下がるかもしれません。

それでは、オーストラリアに移住するメリットは
何なのでしょう?


経済的、仕事的には苦境に立たされる機会が多いかもしれません。




それでも、日本での強い同調圧力から解放されて、
自分が自分でいることができます。

年齢で生き方を決めなくてもよくなります。

周りの目を気にせずに好きなことができます。

流行がないので、自分の好きな服を着られます。

あなたにお金がなくても、誰もあなたを馬鹿にしません。

「私、貧乏なんだよねー!」って明るく言って、
ゲラゲラ笑えます。

そもそも、オーストラリアでは出費がものすごく減ります。

大体、日本で何に一番お金がかかるかと言えば、
化粧品や服、結婚式のご祝儀、着ていくドレスなど…

他人の目が気になる環境だからこそかかる
費用ばかりではないですか?


オーストラリアではすっぴんでも誰も何も言いませんから、
化粧品代はかかりません。

日焼け止めくらいではないでしょうか。

服も流行がありませんから、
毎シーズン毎年買わなくて平気です。




また、結婚式に呼ばれるような友達自体が
まず渡豪当初はなかなかできませんからご祝儀代は0です。

できたとしても、日本のように
高額なご祝儀は不要です。

日本にいる、さほど仲良くない友達の結婚式なら、
「今海外にいるから…」と、
角が立たずにあっさり断れます。




何を重視するかによりますが、
私はオーストラリアに渡って、本当に良かったと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする