職探しでの突撃インタビュー:受付突破の秘訣

前回の記事の続きです。

Work Connectのコンサル最終回で
「受付の人はゲートキーパーでもあるので、
Decision Makerと話させてもらえるよう頼む時のロールプレイを今からするよ!」
と提案されて、ロールプレイをしてもらいました。

頼む時の順序は以下らしいです。

1.挨拶
2.スモールトーク(How are you?)
3.今時間があるか聞く
 *受付に対してはぞんざいな扱いをしてしまう人が多い。
  でも受付も忙しいので、Do you have a minute?と聞くことで
  敬意を払い、好印象になる。
4.自分が誰か、来た目的を述べる。
  2と3を飛ばしては絶対にいけない。

ロールプレイの会話はこんな感じです。

コンサルタントはタフな受付を演じてくれました(笑)

“Hi, how are you?”

“I’m good. How can I help you?”

“I am Miyoko, came here just for a follow-up for my academic administrator job application I sent about 2 weeks ago. Could I talk to the decision maker on the job?”

“He/she is in a meeting now”

“What time is the meeting finishing?”

“Not sure. How long do you want to speak to him/her?”

“Only 5-10 minutes. May I wait inside?”

“Yes, but I don’t know his/her schedule, he/she may not back here after the meeting”

“Could I get his/her email then? I would like to make an appointment with him/her then”

“Sorry, I’m not allowed to release the information”

“Oh… could I leave my contact details here? And could you pass my message to him/her then?”

“Yes. What is your message?”

“I am really interested in the position I applied for and this organization. I would like to get more information. So if he/she could meet me for a quick chat at some time, that would be great”

“That’s a long message… haha”

「応募した仕事のフォローアップに来ました」とだけ言うと
受付が「この人を通すと他の候補者に不公平」と考えて
「連絡が来るのを待ってください」とはねられてしまう場合もあります。

そういう時は「この会社/大学/組織に興味があるのでもっと知りたいんです!」
と言うのがコツとのこと。

あと、待つ時は外じゃなくて中で

例えば会議中なら「ペン貸して」などとそのマネージャーがひょっこり現れて
その時に「後でお時間いいですか?」と頼めるかもしれないし、
会議が早く終わって早く戻ってくるかもしれず、
外で待ってるとそういう機会を失うため。

欲しい時間は5-10分と言うのがベスト。

これは、面接をするようなマネージャーは役職が上で忙しいため。

あと、「ビザがネックになってはねられる場合が結構ある気がする。
どうしたら?」とコンサルタントに聞いてみたのですが、
「ビザのことは聞かれる前に言うべき。
大企業で移民をいっぱい雇ってる人事でもない限り、
ニュージーランド人はニュージーランドのビザのことは基本的に知らない。
特に小さな会社の人事は。
聞かれるまでビザのことを黙っていたら、
『不利な材料だから最後まで言わなかったのでは?
ワークビザというのは良くないのでは?』と思われるかもしれない。
だから、『パートナーがEssential skillsのワークビザを持っていて、
更新できると確信しています。
私のビザは彼が仕事を失わない限り問題ありません。
私のビザについて何か質問ありますか?』とこちらが質問してしまえばいい。
そうすれば、不安や疑問があれば向こうから聞いてくる」

とのことでした。

記事編集