見た目に気を使わなくても…

4325894201_95fd3194b3


オーストラリアとニュージーランドでは、
日本ほど見た目に気を使う必要がありません。


お化粧をしていなくても誰も気にしないし、
誰にも咎められません。

出かけるときの足元も、
街中じゃない限り裸足でOKです。


田舎に行くほど、裸足率が高くなります。




個人的には、夏のアスファルトは熱くて
とても裸足では歩けません(笑)

それに、もし出先でトイレを利用するとなったら、
裸足なのは抵抗があります。

家に入る前に足をいちいち洗うのも億劫なので…。

なので私はビーチサンダル派です。

春の終わりから秋の始まりまで、
みんなビーチサンダルでどこまでも行きます。

さすがにおしゃれなレストランやカフェなどへは
ビーチサンダルで行きませんが。

こちらではファッションの流行がないので、
みんな自分が着たいものを着ています。

自分が気に入っていれば、
汚くなったり古くなったりしない限り
いつまでも着ます。

おしゃれな服を着ている人を
お洒落だとほめることはあっても、
そうでない人を日本のように
「ダサい」と咎めることはありません。

日本ではおしゃれと言われていた私も、
今ではかなりの範囲へビーチサンダルと
スーパーのリサイクルバッグで
出かけるようになってしまいました(笑)

日本ではビシッとしたトレンチコートを着て、
ヒールで颯爽と歩いていたのに…。

海外に滞在するにはどれくらいの費用が掛かるか
気になると思います。

でも、こういう訳なので、
ファッション関係の出費はおそらく劇的に減ります。

人からどう見られたいか、ではなく
ただ自分が好きかどうかという基準で
ファッションを選ぶのは楽しいですよ。


たかがファッションかもしれませんが、
日本で頑張って張っていた
見栄という贅肉がそぎ落とされるみたいで気持ちがいいです。