オーストラリアの美容院事情

7634822640_5642807d92

オーストラリアの都市部には日本人が多く住んでいるので、
日本人経営の美容院があり、
日本人の美容師がどこの都市にもいます。

日本人経営でなくとも、
日本人美容師が現地人経営の美容院で働いていることもあります。

ですから、日本を出てからの三年間、
私はいつも日本人美容師にカットをお願いしています。

もちろん、日本人美容師だからといって
自分の好みに仕上げてくれるとは限りません。

それでも、白人しか切ったことのない
現地の美容師には私は怖くてお願いできませんでした…。

カット代は、どこもおおよそ女性は40ドルほど。

髪の質や量は人種によって異なるので、
白人の美容師に切ってもらうと
悲惨なことになる確率が高いです(苦笑)

アジア人の髪の扱い方を知らない美容師というのも、
本当に存在します。

白人の髪質は細くて柔らかく、
ハリのあるアジア人の髪質とは全く異なります。

現地で働いている日本人美容師に聞くと、
白人とアジア人は頭の形も違うのだとか。

アジア人は横幅が広いのに対し、白人は縦幅が長いそうです。

また、シャンプーをしていてもすぐ絡まってしまって
シャンプーをする側は大変なのだとか…。

私は貧乏だったので、前髪は自分でカットし、
他の部分は三か月に一回ほど
日本人美容師にカットしてもらっていました。

その日本人美容師は友人の友人だったので、
「青空美容室」と銘打って、
公園でカットしてもらっていました(笑)

価格はコネ価格の20ドル。

オーストラリアの公園では
誰が何をしていてもみんな気にしないので
散髪をしていても眉をひそめる人もいません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする