人生で有用なスキルと人脈を近所で得る方法とは?



今の家のポストには週3で無料のコミュニティーペーパーが届き、
その紙面の地域のイベント欄には、家から車で15分ほどのサバーブで催されている
Toastmastersのお知らせが載っています。

先日、頭がとても切れる知り合いの中国人が
「Toastmastersは私の人生を変えた。
そこで学んだPublic speakingの技術はとても役立っている。
だから私は大勢の前で話す時も緊張しない」と話していたので、
初めてToastmastersとは何ぞやと調べて、どういうものかを知ったという経緯です。

今まで何度も見ていたのに、
「乾杯の前の挨拶の練習をしたい人達の集まりかな?」などと思っていただけで
特に注意して見ていなかったのでした…。

隔週一回二時間の集まりで、先生のような指導者的立場の人はいなくて、
皆で出し合ったお題について即興で考えてコメントしたり、皆の前でスピーチをして、
その後皆からコメントをもらって話し方や身振りを練習、矯正していく
ものらしいです。

日本にもたくさんToastmastersがあるみたいで、全然知りませんでした。

アメリカ発祥の非営利組織で、会費も徴収されますが数千円ほどのようです。

人見知りで内気な私にとっては
人前で自信を持って話せる技術は身に付けたら非常に役立つし、
そこから人脈も作れそう
です。

よし早速参加しようと思ったものの、時間が夜の7時半-9時半で、
田舎の真っ暗な道を運転する自信が私にはまだないので
自分が住んでるサバーブにないか検索したら、
家から車で5分の場所にある建物を使って明日(27日)にやるらしく、
主催者に「参加していいですか?」とメールを送ったら快諾の返事をもらいました。

彼にもToastmastersの話をしたら
「仕事の会議で人前で話すことが多くなってきたので、
俺もPublic speakingを学びたくて参加しようと思っていた。
フリーメーソンズのToastmastersに
と言っていたので、何でフリーメーソンズなの?と聞いたら、

「アイルランドの友達二人が自称フリーメーソンズで、
フリーメーソンズがToastmastersを主催してるから推薦してやると最近言われている。
ただ、いつも冗談を言ってからかってくる奴等だから、
本当はフリーメーソンズでない可能性も高い。
俺が昨日生まれた人間のような純粋な心で真に受けて
『友人から推薦されたんですけど会員になれますか?』と窓口に聞きにいって、
『そんな名前の人達は私達の会員名簿にいないようですが』と返されて恥をかき、
その友達に怒ったら『引っかかった!』と笑われる可能性が高いので、
俺は裏をかく必要がある」

などと言ってたので、そんな心理戦しなくていいよ、
私と一緒のに参加したらいいよ…と説得して、
彼も一緒に参加するかもしれないことになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする