オーストラリアでは全店店内喫煙禁止!?

https___www.pakutaso.com_assets_c_2013_02_C812_tabakonokemurimokumoku500-thumb-1000xauto-2517


オーストラリアのすべての飲食店の屋内エリアには、
喫煙席がありません。

全て禁煙席です。


タバコを吸わない私のような人間には
これは嬉しいです。

日本では喫煙席と禁煙席が分けられていると言っても、
喫煙席の近くの禁煙席だったりしたら
区分けの意味がなくタバコの煙が来ますので…。

特に原発事故以降はタバコの煙を避けるよう意識しなければ、
受動的に内部被爆をしてしまいます。

汚染地域で作られている日本産のタバコが出回っています。

放射能は燃やされると濃縮しますので、
汚染された葉を燃やすものであるタバコは本当に危険です。

オーストラリアでは、
あらゆる飲食店内の屋内エリアでタバコを吸うことはできません。

日本で言えばビアガーデンのように屋外にスペースがある店だと、
屋外の席で喫煙をすることができます。

喫煙したいのであれば、屋外席に移動するか、
店の外に出るか必要があります。

誰かと一緒に店にいるのであれば
店の外に出るために会計を済ませる必要はありません。

店から数歩離れた入り口近くでみんな喫煙しています。

飲酒をすると喫煙をしたくなる人が多いせいか、
バーやパブの前を通ると
いつもタバコを吸っている人達がたくさんいます(笑)

受動喫煙を防止するために
屋内では完全禁煙になっているとのことです。

受動喫煙が防げるのももちろんうれしいですが、
料理を食べている時にタバコの匂いがしないのは
とても快適です。

せっかくのおいしい料理もタバコの匂いがきついと
味がよく分からなくなりますし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする