アウトドア好きになった半引きこもりが再びアウトドア嫌いになった理由とは?

16060433516_2392c1bff3

日本にいた時は屋外でのアクティビティーが大嫌いでしたが、
オーストラリアに滞在してからは少し好きになりました。

日本ではいつも日焼けを嫌がって日陰に隠れていたのも
太陽の光が気持ちよく、あまり避けないようにもなっていました。

しかし、ニュージーランドに来てからは
再び屋外に出るのが大嫌いになってしまいました(苦笑)

ニュージーランドの日光があまりに強力すぎるからです。

気温自体は夏でも北海道のようでそう高くないのですが、
日光が強力すぎて肌がジリジリと焼けるのが分かるほどです。

まるで鉄板の上に肌を置いているような…。

オゾンホールのより中央部に位置しているのか、
日陰なしで半袖だと私は10秒と耐えられません。

日光が熱すぎて肌が痛いほどなんです。

今日はGrey Lynnというサバーブにある公園で
野外の音楽フェスティバルに行ってきたのですが、
帽子をかぶり七分袖で行ったにもかかわらず
直射日光下にじっと座っているのに耐えられず
30分間で退散しました…。

その一方でニュージーランド人は日焼け止めを塗りつつ
パラソルも何もなしで寛ぐ人が多数。

ここで育つとやはり慣れるのでしょうか?

以前道を歩いていた時に、通りすがりのイギリス人が
「ニュージーランドの日光の強さは狂っている(insane)。
曇りの日が本当に嬉しい」と言っていたのが聞こえたことがあり、
「やっぱりそうだよね」と心の中で同意していました。

というわけで、BBQやビーチで寛ぐのも悪くない、
日光は気持ちいい!とオーストラリアで考えが変わったのが、
ニュージーランドでもう一度日光が大嫌いになりました(笑)

夏のニュージーランドに来られる時は
帽子と長袖着用をお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする