見知らぬ人とベラベラお喋りするのが普通!?

ニュージーランドでは、バス停で一緒になった人や店員など、
見知らぬ人と雑談を楽しむことがよくあります。

お店だと、店員にはお客さんから”Busy today?(今日忙しい?)”と話しかけたり、
店員からお客さんに”Is your day off today? Shopping day?
(今日は休み?買い物の日?)”と話しかけたりなど。

先週の木曜には、洋服屋で店員さんと話が盛り上がり
その週末からだった30%オフを2日早く適用してもらいました
(笑)

その日は時間があったので、ニュージーランドには一店舗しかない
オーストラリアの洋服ブランドの店にかけて行きました。

オンラインで見た小物が可愛かったのですが、
オンライン通販は写真と実物があまりに違うことが多く
これまで何度も失敗してきたので、実物を見て買おうと。

店に入ってすぐ、店員が「ハーイ!今日は買い物の日ですかー!?」と
テンション高く話しかけてきてくれたのでしばらく話して、
そこから目当ての小物を見に来たと言うとこんな返事が。

「ごめん、その商品うちの店舗で扱ってないんだよね…」

さらに店員が続けました。

「絶対に売れる商品だし、ニュージーランドで唯一の店舗にないのはおかしいから
オーストラリアの本社にその商品をくれと何度もメールで送ってるのにくれない、
しかも最近ではそのメールすら無視され始めた。
ニュージーランド人の女のしつこさを見せてやるつもり!!
だから現状はオンラインで買ってもらうしかない。」

「そうかー、じゃあオンラインで今夜買うわ」と私が言うと、
「週末まで待ちな!週末に30%オフのセールがあるから!!」
という情報までくれたという。

私はその商品のためだけに実は今日Orewaからバスで二時間かけてきたし、
せっかくだから他の商品を見せてもらうね、と話して
試着して気に入ったカーディガンを「これも週末に一緒に買う」と言うと
「ちょっと早いけど今30%割引してあげる!遠い所から来たんだから!」と。

驚いて、「いいの!?」と聞くと
「私は店長だから大丈夫。もし上の人に見つかって聞かれたら
『エラーが出たみたい』って説明できるし」
とのこと。

カーディガンをその場で割引してもらって購入、
当初の目当てだった小物は土曜に無事オンラインで購入。

Autralian Postから昨日無事に発送されたとのお知らせが。

全ての店員がここまで話好きで親切にしてくれるというわけではないですが、
日本と比べて見ず知らずの他人と話すハードルがとても低いと
分かるエピソードだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする