ニュージーランドで食料自給自足生活の第一歩

先々月に引っ越した新居に家庭菜園をできるスペースが少しあるので
いくつか野菜を植え始めました。

写真はブロッコリーとセロリの苗です。

いきなり種から育てるのは難易度が高いようなので、
毎週日曜に開かれている近所のマーケットで
ある程度育っている苗を買って、それを庭の土に移し変えました。

移し変える時に根の近くに栄養分たっぷりのPot Mixを入れ、
適宜水をやっていたら一ヵ月後には結構大きくなりました。

今まで自分で野菜を育てたことがなく、
何も分からず手探りの状態ですがそれが楽しいです。

植えた一週間後にはナメクジにブロッコリーの葉を一枚食べられて
急いでスーパーで園芸用のナメクジ除けを買って撒いたり、
液体の肥料を水で薄めるのが意外に面倒と気づいて
一度撒けば三ヶ月有効な固形の肥料を買って撒いたりと
正しいのか分からないながらも、無事成長してくれているようで何よりです。

ブロッコリーとセロリの他にはそら豆、ねぎ、ニラを植えていて、
あとはオレガノ、ディル、パセリのハーブを植えました。

昨日は家の中から野菜を眺めていたら、
ハリネズミの子供が庭の芝生に入り込んでいるのを見つけました。

ハリネズミは夜行性なので、こうして昼間に見れるのはなかなか珍しいです。
かわいいです。

週末に雑草をむしっていると何だか無心になれて、
いいストレス解消になっています。

今までは大学院生だったり、会社で事務の仕事をしていたりと
手を動かさないことが多かったので
こうして手を動かして、何かを作ったり育てるというのは
成果が目に見えてとても新鮮で楽しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする