人生で初のマイカーをニュージーランドで購入

人生初のマイカーをついに購入しました。

NZ大好きというニュージーランドに住んでいる日本人向けのサイトで
個人売買のセクションで売られていた車を買いました。

2006年製造の、トヨタとダイハツが共同制作したSirionという小型車で
走行距離はわずか60000kmほど、値段は$4800という掘り出し物。

さらに私にとって重要なのは、その車がニュージーランド仕様であり、
2006年からずっとニュージーランドで運転されていて
比較的新しい車ながらも日本を走ったことがない車であること、
つまり放射能汚染がない中古車だったことです。

前のオーナーは日本人なので、
成田空港経由で帰ってきた家族を空港に迎えに行った際に
関東の放射能汚染をくっつけた預け荷物をトランクに載せたり
汚染された衣服を着ている家族がシートに座った可能性がありますが・・・。

エアフィルターの汚染がないのでそこは妥協して、
車内をくまなく水拭きして解決ということにしました。

なぜ水拭きか?というと、水は放射能を吸着するので
水拭きにより汚染をかなり除去できるからです。

チェルノブイリからの知見では水拭きにより
室内の汚染がかなり軽減できるとのことですし、
日本でも原子力災害現地対策本部「自動車除染マニュアル(第1版)」(平成23年12月28日)という
自動車整備工場等向けに策定・公表されたマニュアルに自動車の除染方法が書いてあり、
そこでも水拭きが基本となっているので有効なのでしょう。

ニュージーランドしか走っていないので外装は除染の必要なし、
内装のみの除染で構わないと判断しました。

購入翌日にはシートを拭き終えました。

ニュージーランドは日本からの中古車ばかりが売られていて
BMWなどのヨーロッパ車ですら日本からの中古車で絶望しかけましたが、
ニュージーランド仕様の、
日本で走ったことがない日本車を手に入れられて本当に幸運でした。

ニュージーランド最大の都市とはいえ、
オークランドは公共交通機関が発達していない車社会なので
車がないとバスが一時間に一本だったりするのでとても不便です。

車だと15分の距離も、バスだと大きく迂回するものを乗り継がねばならず
所要時間1時間半ということもザラ。

車を手に入れたので、やっとバスや人の運転に頼ることなく
オークランドの色んな場所に行けそうです。