プロフィール


菊川美代子

2012年3月に同志社大学大学院博士課程単位取得退学、2012年5月にオーストラリアへワーホリビザで渡航。
オーストラリアで2年間のワーホリ、NZで1年のワーホリを経て、現在はパートナービザ(Work Visa Based on Partnership)にてNZに滞在しています。
オーストラリアで出会ったアイリッシュのパートナーと永住権目指して奮闘中。
私のオーストラリアワーホリ体験談はこちら

→詳しいプロフィール

ご連絡はmiyoko.kikukawa★gmail.comまでどうぞ。(★を@に変えてください)

あっさりとワークビザ更新ができた秘訣

 

彼のWork Visa (Employer specified)が新しく三年分出たので、
その顛末をシェアします。

 

 

これまでの経緯

以前の記事にも書きましたが、
彼は元々ワーキングホリデービザでニュージーランドに渡航、
その時に働いていた会社にスポンサーをしてもらい
2年のWork Visa (Employer specified)をもらえました。

ところがそのスポンサーの会社の副社長が
違法滞在のトンガ人を雇うという違法行為を犯したため、
会社に移民局の監査が入り
新たに外国人をスポンサーすることが不可能な状態に・・・。

それから彼は転職活動を行い、
同じ現場で働いている同業他社の人のコネで転職先を見つけ、
転職先の会社にスポンサーになってもらえました。

転職先は何と” Accredited Employer”だった

転職先の会社は大手で、Accredited Employerです。

Accredited Employerというのは移民局の監査を受け、
きちんとした会社であると証明されている雇用主です。

どうすればAccredited Employerになれるかというのは
移民局のこのページに書いてありますが、
過去二年分の年次レポート、財務諸表、事業計画、
会社のプロフィールと登録詳細を提出等色々と大変なようです。

Accredited Employerになると、ビザの審査期間が短くなったり
Work VisaだけではなくWork to Resident Visaという
被雇用者が二年間働いた後仮永住権を申請できる
ビザを被雇用者に出せるようになります。

ニュージーランドでは、永住権獲得の前にResident Visaという
二年間の仮永住権ビザを経なければなりません。

その二年の間は飲酒運転のような小さな犯罪でも
犯したら即ビザ取り消し、
家も購入できるけれども自分達が住むためだけのもので、
シェアなどをして他の人に貸してはいけない、
二年のうち半分の一年間は
ニュージーランド国内に滞せねばならないという制約があります。

その二年が終われば晴れて永住権に移行でき、
永住権取得後は五年で市民権が取れます。

転職のための段取りなど

前回のビザ申請は彼が自分で行いましたが
今回はさすが大手の会社といったところで、
お抱えの移民弁護士を雇っていて、
ビザ申請にはその移民弁護士を通さないといけなかったので
彼が自分ですることはあまりありませんでした。

 

 

彼が準備した書類は以下です。

・現在の会社の社長からのレファレンス
・現在働いている現場の監督からのレファレンス

その他に、したことは以下です。

・サインした雇用契約書をスキャンして移民弁護士にメールで送る
・移民弁護士からメールで送られてきた質問に
 メールで回答して返信する
・白い壁を背景に顔写真を撮って移民弁護士に送る
・ビザ申請料支払い($298)
・移民弁護士料金($50)支払い

移民局のHPによると、
現在のWork Visaの審査期間は23-25営業日なのですが
何と8営業日ほどで審査が終了しあっさりビザが下りました。

同じ人間が同じジョブタイトルで出して前回は二年、
今回は三年のビザが下りたので驚きました。

何かの参考になるかもしれないので、
前回と今回の違いをまとめてみます。

 

前回
・ニュージーランドでの職歴が一年弱
・スポンサーはAccoredited Employerではない
・全て自力で申請

今回
・ニュージーランドでの職歴が三年弱
・スポンサーがAccoredited Employer
・ビザ申請を移民弁護士に依頼

 

他にも、大きな地震が発生して大工への需要が高まったなどの
要因もあるのかもしれません。

 

 

私は同時に申請しなかったため
あと一ヶ月ほどでビザが切れてしまうので、
今日申請書類を移民局に提出してきました。

そちらもビザが下りてからまた報告しようと思います。

Comments are closed.