約7年間かけて、日本と無関係な事務仕事にありつけた経緯とは?

少し前の話になりますが、ついにフルタイム・パーマネントの仕事が見つかりました!

その新しい仕事は今月1日から始まっています。

前の、日系の会社での秘書の仕事をしながら転職活動をしていた時期も入れると
苦節2年くらいかかってしまいました…。

家から車で10分の場所にある、
グラウンドエンジニアリングの会社での事務補助の仕事です。

オフィスの人員は少なくて、私を入れて7人のみ。

多国籍で、取締役はイギリス人とニュージーランド人、
経理はそのイギリス人の奥さんのイタリア人、もう一人の経理はインド人、
オペレーションマネージャーは南アフリカ人、
エンジニアはニュージーランド人、そして日本人の私です。

Trademeというニュージーランドのサイトで見つけた求人に応募し、
書類選考通過後は電話でのスクリーニングなどなしで一次面接に呼ばれました。

その時に面接官だったイタリア人の経理が私のCVを持っていなくて
私が自分用に持って行ったCVを拝借してきたのと、
面接終わりに質問をする時間が与えられなかった
のが不安要素で、
落ちてもまあいいかと思って帰宅したら数時間後に二時面接への招待が届きました。

その時に「面接ではあなたは緊張していたせいかとてもシャイに見えたから
前の職場環境がどんな感じだったか知りたいので、
直前の会社からも含めてレフェリーの連絡先を二つ教えてほしい。
現場で働くエンジニアにはラフな人もいるから、そういう人達に対応できるか知りたい。
それで問題ないと分かったら二次面接に招待します」
と言われたので、前職の、調停に持ち込んだ対象の直属の上司ではなく、
私に調停を起こすよう勧めてくれたマネージャーの連絡先と、
日本語教師時代の連絡先をメールにて送りました。

その際に、彼らの連絡先をメールで送る前に軽い状況説明と、
連絡先を渡していいかの確認をメールとLinkedInにて行いました。

前職のマネージャーには上記の理由を伝えて、
「そういう訳なので、前職でも時々そういう人達からの電話に対応していたと言ってほしい」
と、会社から問い合わせが来る前に依頼。

マネージャーからは「任せろ」との返事。

それで二次面接に呼ばれたので行ったら、面接というよりは入社の意思確認で
いつから働き始められるかとか、ホリデーをどこかで取る予定があるかとか、
そういう質問ばかりで、あとは雑談でした。

二次面接で前職のマネージャーのレファレンスの内容をちょっと話されて、
「あなたの仕事ぶりを凄く褒めてたよ。出張の手配は正確だったし、
使ってた代理店のマネージャーともきちんと意思疎通できていたって。
それであなたの退職の理由を聞いたら、マネジメントから酷い扱いをされたからで、
常に委縮していた状態で、日本人が上司で日本的なマネジメントされて、
アフターアワーも土日も関係なく出張の予定変更の電話をかけてきたりして
プライベートの時間がなかったと。
だから私達との一次面接の時も心配でシャイだったんだね…」
と言われてちょっと涙が出そうになりました

正直、前職での酷い扱いと一次面接でのシャイぶり
(というか、ただ緊張してそう見えただけ)は一切関係ないのですが、
そのマネージャーに本当に助けてもらってるんだな、ありがたいな…と
思って。

どれだけ良い風に言ってもらったんだろう、と。

「一次面接で退職の理由を聞いた時、
そのマネジメントとの問題についてあなたは言わなかったね。
この会社は皆仲が良くて、問題が起きたら何でもすぐに言ってくれていいからね」
と言われて入社を決めました。

いくら前職でのマネジメントからの扱いが悪かったとはいえ、
面接でそれを正直に言うのは危険な行為なので言わなかっただけなのですが
何だか良い風にとってもらったようで良かったです。

現地での事務経験があるとはいえ、違う業界だし会社の規模も違うので
色々とやり方が違ったりして、毎日新しいことを学んでいます。

製造業/林業のオフィス仕事だった前の職場ではFワードなどのswear wordsは禁止で
使った場合は法律に則って罰金の上解雇
だったのですが
新しい会社(建設業界)はオフィスでも文化や話し方がとてもカジュアルです。

出社初日に勉強のため出させてもらった会議で
“Get rid of the fuckers if they are doing fucking nothing”など
Fワードが取締役から3秒に1回くらい出ていました
ので(笑)